理学療法質問箱

水中運動やリハビリテーション、理学療法についての質問はこちらへ。尚、タイトルは他の人が見てわかるように具体的に書く。自分の立場が分かるように簡単な自己紹介をする。略語や英語は初めに定義をするか日本語で書く。解答を引用する際は自己責任。レスには必ず返事を書き込むこと。以上、気持ち良くお返事できるような書込をお願いいたします。これらを守れない方は書き込みをしないでください。
HOME管理用無料掲示板作成
<名前>
<Eメール>
<分かりやすいタイトル>   
<本文>
( タグの使用不可 )
<文字色> 他の色 # ※色見本
<URL>
<削除パスワード> (自分の記事を削除・編集時に使用。半角英数字で4-6文字以内)
無料レンタル無料お絵かき掲示板上野クリニックで今すぐ予約
無料ホームページ無料オンラインストレージ

[ 651 - 700 件を表示 ]
【掲示板に投稿される迷惑書き込みの対処方法をまとめました。】
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >>

[3368] 腰痛持ち  投稿者:仲川由美  投稿日:2011年02月21日 23:30:14  No.3368001 [返信]
I P:121.112.19.127
理学療法士を目指そうと思って居るのですが、
腰が弱く患者を抱えたりすることが多そうで
痛めないか心配です。
介護と比較してどんな感じか教えて下さい。



Re:腰痛持ち  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年02月22日 20:51:58  No.3368002
I P:123.224.32.218
私は10年以上この仕事をしていますが
腰痛になったことは無いですよ。
患者さんを抱え上げることはほとんどありませんから。

介護士さんは患者さんに「力」を貸すために
自分の腰を傷めることがあるようですが
理学療法士は患者さんに動き方を教えていくので
患者さんの学習が進むと療法士のアシストはいらなくなるので
次第に楽になります。


理学療法士としていろんなことを勉強していると
自分の腰痛の成り立ちが分かったり
予防方法や治療方法が理解出来たりもしますよ。

整形外科に勤務したら腰痛の患者さんが来ますよ。
腰痛持ちの療法士に直してもらいたいと思いますか?




[3367] 麻痺者の食事の姿勢について  投稿者:かなこ  投稿日:2011年02月20日 16:03:08  No.3367001 [返信]
I P:27.231.127.178
はじめまして。普通高校に通う2年生です。

祖父が3年前に脳梗塞になり、右片麻痺になりました。
その祖父の事なのですが、食事の際は麻痺していない方の手でスプーンを使って食べています。

食べ物を口まで運ぶのはこぼさず食べれるのですが
なんだか少し大変そうなのですが、なぜ大変そうなのかがわかりません。

歩くことはできませんが、車いすで座っている姿勢は普通です。

麻痺していない方の手は比較的自由に使えるようなのになぜでしょうか?
うまく説明できないのですが、テーブルに近づけないというか、柔らかさがないというか・・・。

なぜ食べるのが大変そうなのか、ご存じの方よろしくお願いいたします。



Re:麻痺者の食事の姿勢について  投稿者:ばらっく  投稿日:2011年02月20日 21:23:48  No.3367002
I P:218.33.247.133
病院で働く理学療法士です。
ご家族の方がご病気になられて、心配されていることでしょう。
お気持ちお察します。

脳のどのあたりの部分が障害されているのか。
また具体的にどのような症状であるのか。
わかり兼ねますが

>>テーブルに近づけないというか、柔らかさがないというか・・・。

文脈から判断すると。

@麻痺していない手にも明らかではないながらもなんらかの障害が生じている。(たとえば一見うまく動かしているように見えても、ふらふらしてしまったり、スピードの調整がうまくいかなかったり。このような症状は協調運動障害というものです。)
A手足ではなく、体幹・頭頚部に障害が生じている。(脳卒中後は、手足だけでなく、体幹の部分にも障害が及ぶことはとても多くあります。手を口に運ぶ動きに、協力すべき体幹・頭頚部の動きがむずかしいなどの症状は考えられます)
B視覚・認知機能の障害がある。(少し難しい表現ですが、一見ちゃんと見えていて、周りの状況がわかっているようでいても、実際本人はわかっていないという症状があります。『高次脳機能障害』というものを調べてみて下さい。特に『注意障害』・『半側空間無視』などの症状がもしかすると生じているかもしれません。)

文脈からはなんとも判断できかねますが、自分なりに考えられる原因を書いてみました。参考になれば幸いです。
早く元気になられるといいですね。









[3359] 「統合と解釈」と「考察」  投稿者:TOKO  投稿日:2011年02月11日 19:12:00  No.3359001 [返信]
I P:118.16.55.27
はじめまして。現在実習中の理学療法学科3年の学生です。

初めての実習で患者様を担当させていただき、初めてレポートを書くのですが、「統合と解釈」と「考察」の違いがよくわかっていません。
私は「統合と解釈」は今まで観察していた動作を分析し、出てきた問題点を抽出、それを今まで評価させていただいたデータを照らし合わせて問題に対する原因を書いていくというもので、「考察」は自分の考えや意見、それを裏付ける文献を引用して書いていくものであると考えてきましたが、本当にこれで良いのでしょうか??
これらを書く段階は、「統合と解釈」は初期評価の段階で、「考察」は治療プログラムを行った後ですよね??

基本的なことであり、学校で習うようなことであるのは重々承知ですが、どうしても不安で困っていたので質問させていただきました。
どうかよろしくお願いします。



Re:「統合と解釈」と「考察」  投稿者:TOKO  投稿日:2011年02月13日 23:13:38  No.3359002
I P:118.16.55.27
すいません、もうわかったので大丈夫です!!
削除の仕方がわからず、返信と言う形で報告させていただきました。

また何かわからないことがあったら質問させていただきます!



Re:「統合と解釈」と「考察」  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年02月16日 23:07:20  No.3359003
I P:123.224.32.218
それはよかった。

出来ればこの掲示板を訪れる他の方の参加になるので
どのように納得したのかを書きこんでくれるといいのですが。



[3364] 杖の高さについて  投稿者:N&A  投稿日:2011年02月14日 23:54:38  No.3364001 [返信]
I P:111.232.88.228
総合病院で働く5年目のPTです。
今度看護師向けに『歩行補助具について』研修会を行う予定です。
杖の高さの調節について
@大転子A橈骨茎状突起Bつま先から15cm前外側で肘関節屈曲30°の高さ と説明をするつもりなのですが、
Bの肘屈曲30°の高さがなぜ突きやすいのか、力が入りにくいのかというバイオメカ二クス的な文献(もしくは資料)を探しているのですがなかなかみつかりません。

@やAのようにランドマークと言ってしまうのも簡単だとは思いますが、納得できる説明をしたいと思っています。
そういった参考になる文献等あるようでしたら御教えいただきたいです。よろしくお願いいたします。



Re:杖の高さについて  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年02月16日 23:04:08  No.3364002
I P:123.224.32.218
「標準的な高さ」というのはあくまでも標準なので
利用者の状況によって変えることもありますよね。

後方重心なので前方へ体重を持っていくのを
助けるために少し短めにしたり。

杖に体重をかけすぎないために少し高めにしたり。

などセラピー上の理由のこともあれば

円背や関節拘縮など利用者さんの身体上の理由のこともあります。

それに、一点杖と四点杖でもつきやすい位置って違いますよね。



[3363] 膝OAの方  投稿者:ちゃき  投稿日:2011年02月14日 01:29:07  No.3363001 [返信]
I P:219.33.236.25

はじめまして。
PTS2年で実習中なんですが、両膝OAで両膝ともTKA、再置換を行っている90代の女性をもたせていただいたんです。

この方の周径は膝蓋骨直上、上縁、5cm、10cm、15cmいずれも右のが2cmほど太く、下肢長は右のが1cmほど長いんですがなにが原因かわかりません。考えられる原因を教えていただきたいです。

バランス検査はFBSを使用したんですが片脚の動作が全くできませんでした。MMTでの下肢の筋力は股関節の伸展が3であとは4か5なので筋力的には問題ないと思うのですが、バランス能力の低下以外に何か考えられる理由はありますか?

教えていただけるとありがたいです。



(無題)  投稿者:ppp  投稿日:2011年02月14日 23:45:46  No.3363002
I P:220.53.198.8
こんばんわ。理学療法士のpppです。

考えを述べるまずはその前に。 

両側TKAでもopeした時期は異なりますよね?腫脹でしょうか萎縮でしょうか?下肢長ですが既往歴などまずはしっかりと確認しましたか?また、膝のrangeはどうですか?左右で制限などによるみかけの脚長差は考えられませんか?さまざまな事が背景としてあると思います。

まずはしっかりと評価した結果、情報を整理してみてください。



[3361] 腰部脊柱管狭窄症(殿部に疼痛)  投稿者:ヘルメット  投稿日:2011年02月12日 20:20:51  No.3361001 [返信]
I P:220.104.185.190
腰部脊柱管狭窄症の患者様について右殿部に疼痛があるのですが、自分では坐骨神経の圧迫による疼痛だと考え、梨状筋の萎縮や筋力低下を考えたのですが、股関節外旋のMMTは5と正常であり、なぜ右殿部に疼痛が出るか分かりません。どうかなぜ疼痛が出るのか教えてください。


Re:腰部脊柱管狭窄症(殿部に疼痛)  投稿者:ナオキ  投稿日:2011年02月13日 23:20:56  No.3361002
I P:219.61.62.26
脊柱管狭窄症であることは右の神経根または馬尾神経が圧迫されて炎症を起こし疼痛物質(サイトカインなど)が発生しているからでは?
生理学ですね。
疼痛がなぜ出現するのか理解できたら、対処・治療法を患者様に情報を提供し、治療できるならしてあげて下さいね。
それともう少し梨状筋症候群を勉強しましょう。



[3358] DemandとHope、評価について  投稿者:み〜  投稿日:2011年02月10日 21:05:45  No.3358001 [返信]
I P:118.16.55.27
こんばんは。
現在実習中の理学療法学科2年の学生です。

すごく低レベルな質問かもしれませんが、私はDemandとHopeの違いがいまいちわかりません。
あと、右視床出血で左片麻痺を呈した患者様を担当させていただいているのですが、評価に体幹・頭頚部の何のMMTが必要なのかよくわかりません。

よろしかったら教えていただけると幸いです。



Re:DemandとHope、評価について  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年02月10日 21:51:54  No.3358002
I P:123.224.32.218
>DemandとHopeの違いがいまいちわかりません

いまいちとは「今一つ(いまひとつ)」の言い換えで、期待している(願っている)値や結果、状況に対し、少し不足していて物足りないさまを表す言葉ですから、自分がどれくらい理解できているのかを書いてくれると助かります。

んで、demandとhopeですが
demandは患者さんの要望や欲求
hopeは希望ですよね。
ま、そんなことは分かっていると思いますけど…

ちなみにwishも希望ですが現実にはあり得ないことを指すようです。

リハビリテーションにかかわる評価の中では
昔はhopeだったものが最近ではdemandと変わってきたように感じます。

以下、参考になれば。
http://blog.goo.ne.jp/kaigohot6781/e/5d90ca408693a39886c4fc3e0d838e82

http://rehabilidogenka.blog54.fc2.com/blog-entry-11.html

http://www.phoenix-c.or.jp/~hideo/reha/kouen/025/025_02.html
http://ninchisyoucareplus.com/plus/pdf/070825%E6%9D%91%E6%9C%A8%E6%8A%84%E9%8C%B2.pdf






Re:DemandとHope、評価について  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年02月10日 21:59:52  No.3358003
I P:123.224.32.218
>右視床出血で左片麻痺を呈した患者様
>評価に体幹・頭頚部の何のMMTが必要か?


その患者さんの困っていることは何でしょう。
どんなneedが考えられるんでしょう。

それが困難となっているのはなぜなんでしょう。

仮説を考えてみてください。

その仮説を証明するために必要な検査を行いましょう。

そこに体幹・頭頚部のMMTが入っていれば必要なので行いますが
特に問題となっていなければ検査する理由がありませんから
やらなくてもいいでしょう。



Re:DemandとHope、評価について  投稿者:み〜  投稿日:2011年02月10日 22:26:27  No.3358004
I P:118.16.55.27
お忙しい中お答えしていただき、ありがとうございます!!

張ってくださっていたリンクに飛び、納得することが出来ました。
本当にありがとうございました。

もう一度良く患者様の様子や状態を観察し、検査項目を考えていきたいと思います。
ありがとうございました。



[3356] 大腿直筋損傷と診断されて  投稿者:たか(怪我をした当人)  投稿日:2011年02月07日 10:35:23  No.3356001 [返信]
I P:27.88.210.218
こちらで質問させていただいてよいものか、間違っていたら申し訳ありません。

よろしくお願いします。

10日前に大腿直筋損傷と診断されました。

普通に立っているとと痛みはほとんどありません。

ただ、歩くときには少々の痛み、立ち座りや寝転ぶとき、横向きに寝転んだときなどは結構痛みます。

あと、足の付け根の怪我なんですが、足が、立った状態で数cmしか上げられず、座った状態ではほぼ上がりません。

経過としては、こんな程度で普通でしょうか?

というのも、診察時レントゲンしかとっておらず、エコー等をしていないので、今頃気になりまして。

今さらでも、検査すべきでしょうか?

あと、これが普通の回復具合なら、どの程度のリハビリをいつ頃から始めるものなんでしょうか?



Re:大腿直筋損傷と診断されて  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年02月07日 19:29:48  No.3356002
I P:123.224.32.218
ヤフー知恵袋には良い回答がありましたか?

>どの程度のリハビリをいつ頃から始めるものなんでしょうか?

これは、主治医に聞くべきことと思います。
大腿直筋の損傷の程度が分からないのでお答えしにくいです。

スポーツによる怪我か何かでしょうか?

理学療法士のいるところで診察を受けて
リハビリの処方をしてもらうと良いと思いますよ。



ありがとうございます  投稿者:たか  投稿日:2011年02月08日 08:37:44  No.3356003
I P:27.88.210.218
そっちも見られてしまいましたか^^;
失礼いたしました。。。

書き込みした後で、やっぱり違うかもと思いまして・・・。

そうですね、病院で確認するのが一番ですね。

ママさんバレーで頑張りすぎてしまいまして。。。

家でじっとしているだけで特に治療法があるでもなく、日々不安が募っておりました。

ご丁寧な返信に、すこしほっといたしました。。。

お時間を割いてしまい、申し訳ありませんでした。
ありがとうございました。。



[3354] PT2ねん評価中  投稿者:すう  投稿日:2011年02月03日 00:54:28  No.3354001 [返信]
I P:222.228.213.219
THA術後患者の脱臼リスクとなる、股関節屈曲、内転、内旋のMMTどやって測定すればよいのでしょうか?


Re:PT2ねん評価中  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年02月07日 19:34:50  No.3354002
I P:123.224.32.218
リスク有りと判断したのならば
検査をしなければ良いのでは?

脱臼は、どこまで動かしたときにするのでしょうね。
筋力は等尺性でみれば関節運動は無しですよね。

もしも、不安ならば実習指導者とよく話し合ってみてください。



[3355] 右大腿骨転子部骨折術後1・5カ月の患者さん  投稿者:まーさん  投稿日:2011年02月06日 21:39:54  No.3355001 [返信]
I P:116.91.195.88
はじめまして。現在評価実習中のPTS3年です。質問があります。
観血的整復固定術(IPTネイル)を施行された患者さんの大腿周径なのですが、右下肢のほうが左下肢よりも1cmほど太いです。これは術後の浮腫の影響なのですか?筋活動については左下肢のほうが多いです。また、下腿周径では左下肢のほうが太いです。
ご教授願います。



Re:右大腿骨転子部骨折術後1・5カ月の患者さん  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年02月07日 19:31:25  No.3355002
I P:123.224.32.218
一ヶ月半ですか…
まだ、腫れているんでしょうね。



[1852] 膝OAの高齢者のための水中運動メニュー  投稿者:orange  投稿日:2006年07月18日 20:05:38  No.1852001 [HOME] [返信]
I P:210.79.131.120
修士論文にてタイトルのようなテーマで運動プログラムの開発を行おうと思っているのですが...
O脚気味のアライメントを矯正するにはどの筋をターゲットにするべきなのでしょうか。陸上運動の先行研究から“内側広筋”が1つのターゲットとなるという話をお聞きしたのですが、自分は内側の筋はリラックスさせて、外側の筋を強化した方が良いのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。
また、個人差はあると思いますが、OAの高齢者は膝関節を何度くらいまでなら伸展することが可能でしょうか。



Re: 膝OAの高齢者のための水中運動メニュー  投稿者:館長(red)  投稿日:2006年07月18日 23:14:49  No.1852002
I P:220.107.215.108
いわゆるO脚の方に内側広筋を中心に鍛えていく方法がよく取られています。
しかし、本当に内側広筋の筋力低下によりO脚になったのでしょうか。O脚になるに従い筋アライメントが崩れて結果として内側広筋が使いにくくなったのではないでしょうか。

O脚の方を観察すると大腿骨は外転・外旋していることが多くあります。また、膝関節の屈伸をする筋はありますが内外旋や内外反をする筋肉は基本的にはありませんよね。
そのことから考えるとむしろ股関節のアライメントが膝関節に大きな影響を与えていると推察されます。
また、腹部の筋が弱く骨盤が前傾していることも多くみられます。そのため股関節を伸展内旋させる筋が働きにくくなり股関節が外旋方向に引かれやすくなっているのでしょう。

以上のことから私のクリニックでO脚の方へ水中運動を指導するときには股関節の屈曲・内転・外旋と伸展・外転・内旋という運動を組み合わせた運動をCMA(シーマ)という水中運動プログラム体系の中からピックアップして指導しています。
もちろんそれだけではなく、股関節周囲の柔軟性と腹部前面の筋力強化と姿勢のコントロールの学習なども同時に指導しています。

CMA(シーマ)については正書がありますので参考にしてください。
http://www16.ocn.ne.jp/~aqua-21/
こちらのCMAと書籍案内を参照してください。



ありがとうございます  投稿者:orange  投稿日:2006年07月19日 16:37:02  No.1852003 [HOME]
I P:133.9.184.27
自分は医学部の学生やPTではないため、医療の現場で患者さんに接することはございませんが、普段の生活の中で“膝が痛い”と訴える方が多いため、このテーマが出てきました。
館長さんからご指摘いただいた点については、何となくですが理解ができました。自分のイメージには大腿骨の外転が欠けていました。症例の挙げられている資料と、“ノーマル”な状態を、特に腰部・骨盤・股関節・大腿骨・膝関節に注目して、比較したいと思います。
ご紹介いただいた“CMA”についても資料を集め、可能であれば講習会に参加させていただきたいと思います。
ご指導ありがとうございました。またよろしくお願いいたします。



Re:膝OAの高齢者のための水中運動メニュー  投稿者:小西薫  投稿日:2011年02月06日 09:43:30  No.1852004
I P:126.9.104.28
現在、東京都北区十条台にありますパノラマプールで水中運動を指導しています。アクアサイズウォーク教室に参加されている方の中に変形性膝関節症の方がおります。その方のプログラムと予防としてのプログラムでD1ウォーク(CMA)を行っていますが効果的のようです。日常生活でも膝の痛みが軽減して快適ですと言っておられます。
股関節の内転、外旋と運動連鎖:キネティックチエーンによる腹筋、脊柱起立筋強化が功を奏しているのではないでしょうか。



[3350] 小児リハに興味があります  投稿者:としや  投稿日:2011年01月25日 23:06:07  No.3350001 [返信]
I P:111.64.71.211
はじめまして。理学療法学科大学1年のとしやと申します。
将来は小児リハに携わりたいと思っているのですが、理学療法士の他にとっておいた方が良い資格などはありますか。
また、学んでおいた方が良いことがありましたら教えていただきたいです。



Re:小児リハに興味があります  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年02月01日 16:35:08  No.3350002
I P:60.43.15.233
まだ、大学1年生なんですね。

特別な資格をとることよりも、
どんな方が対象になっているのかを知るために
施設の見学をお勧めします。

いろいろなところがあると思いますので
大学の先生を通じてアポを取ってみてはいかがでしょうか。



Re:小児リハに興味があります  投稿者:としや  投稿日:2011年02月05日 23:31:39  No.3350003
I P:175.179.113.165
館長さんありがとうございます。
参考になりました。



[3353] 足底感覚について  投稿者:むーみん  投稿日:2011年02月01日 22:46:47  No.3353001 [返信]
I P:59.143.95.242
PT1年目のむーみんです。
感覚が低下している方の足底からの入力方法について悩んでいます。
足底のどの部位に感覚受容器が多いのか調べたいのですが、うまく調べられません。
感覚受容器の分布が出ている文献や参考書をご存知の方がいましたら教えてください。
宜しくお願いします。



Re:足底感覚について  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年02月02日 09:29:08  No.3353002
I P:60.43.15.233
足底感覚と足圧分布
地神裕史, 田中尚喜
東京厚生年金病院リハビリテーション科
理学療法, 23(9) : 1237-1245, 2006.

706 高齢者における足底感覚と足圧分布およびバランス能力の関連性
建内宏重, 市橋則明
京都大学医学部保健学科
理学療法学, 34 : 353, 2007.


参考
http://www.alab.t.u-tokyo.ac.jp/~shinolab/research/pdf/kaisetsu.pdf



Re:足底感覚について  投稿者:むーみん  投稿日:2011年02月02日 21:14:28  No.3353003
I P:59.143.95.242
館長さん
ありがとうございます。早速読んでみたいと思います。



[3352] Y's way  投稿者:ヤナギ  投稿日:2011年01月29日 13:33:47  No.3352001 [返信]
I P:124.44.230.154
PTS2年です。
運動生理でY's Wayについての授業があったのですが、いまいちよくグラフの書き方が分からず、教科書やネットで調べたりしたのですが、どこにも載っていませんでした・・・。
Y's Wayのグラフの書き方について教えてください。
よろしくお願いします!



(無題)  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年02月01日 16:31:55  No.3352002
I P:60.43.15.233
Kraus, H. , The Y's way to a healthy back. J. Phys. Edu., 1976, 73(Jul-Aug), 190--191.

コレのことでしょうか。

Y's wayって「Yさんの方法」ってことなのかしら。

>グラフの書きかたが分からず

Yさんの方法には、グラフが必要なんですか。

授業をした講師に直接聞くほうが良いのでは?



[3331] 低周波療法・SD曲線  投稿者:むろ  投稿日:2010年12月18日 17:09:59  No.3331001 [返信]
I P:60.35.157.139
現在実習中のPTの学生です。
質問があります。
運動負荷試験(3分)の前後では、前脛骨筋のクロナキシーと基電流の値が変化しました。被験者は20歳男性の健常者二人のAさんとBさん、対象部位は前脛骨筋です。
運動負荷試験は、足関節の屈伸運動(等尺性収縮の場合と等張性収縮の場合)です。
被験者によって、クロナキシーと基電流の値の変化が異なりました。Aさんは、施行前よりも施行後の方が、クロナキシーの値が上がっており、基電流は下がっていた(等尺性収縮の場合)。Bさんはこの逆だった。運動負荷試験によってこのような変化がおこる理由は何でしょうか?どなたか回答お願いします。



Re:低周波療法・SD曲線  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年01月29日 11:15:17  No.3331002
I P:220.107.213.183
そこにいろいろな仮説を考えて行くことが勉強なのでは?

安易に正解を覚える為ではなく
目の前の現象について
ありのままを受け止めて
ああかなこうかなって
考えて行くことが大事なのだと思いますよ。



[3336] 肩関節の  投稿者:マリPTS2年です  投稿日:2010年12月20日 21:23:44  No.3336001 [返信]
I P:219.161.100.241
初めまして★
PTS2年のマリです。
肩に興味を持っていて勉強中なんですが、肩のloose packed positionやopen packed positionについて調べたところ文献によって微妙に角度が変わってきているんですよ。そこで、実際のところの角度設定について知っている方がいれば教えていただきたいのですが。
皆さんの実際に行っている角度設定はどの角度なのでしょうか??
ご意見お願いします。



Re:肩関節の  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年01月29日 11:07:31  No.3336002
I P:220.107.213.183
閂の姿位(closed packed position)って
関節可動域の端っこ、最終域ですよね。

それ自体も個人差がありますが
最終可動域以外は緩んだ姿位ですし
その中で最も緩んで肢位というのは
個人差があるために、参考角度だと思った方がいいです。
実際には、関節を触って、動かして確かめることですね。



[3340] 前腕周径について  投稿者:がきこ  投稿日:2011年01月06日 16:09:53  No.3340001 [返信]
I P:219.102.183.10
PTS2年のがきこです。
ただいま検査測定の意義などを調べえいるのですが
前腕周径は前腕の筋群の筋萎縮の程度を見る
浮腫や腫脹の状態を見る
これ以外に何か目的はあるのでしょうか?



Re:前腕周径について  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年01月29日 11:02:49  No.3340002
I P:220.107.213.183
発想としては、
仮説証明に必要な検査を選択することが出来るといいです。

たとえば、
右の握力が極端に少ない人がいたとして。

手指屈筋の筋萎縮があるのかなと仮説を立てます。
で、どうやって証明しようかというときに
前腕の周径を測って左右で比べてみようということになる分けです。

ほかにも、
前腕にむくみがあるけど昨日用と比べてどうだろう
っていうときに、周径を測ってチェックしていくわけです。

周径を測って浮腫を見つけるというよりは
浮腫を疑って周径で確認するということです。



[3343] 好発部位  投稿者:ランバー  投稿日:2011年01月14日 01:14:50  No.3343001 [返信]
I P:211.134.238.201
PT2年目の者です。好発部位について質問させていただきます。

@高齢者の胸腰椎圧迫骨折の好発部位はTH11‐12‐L1と言われておりますが、なぜこの部位に多いのでしょうか?本来S字状をしている脊柱が、高齢者では後弯しており、転倒等により殿部からの脊柱に伝わる圧迫力(衝撃)が胸腰椎移行部で受け易くなってくるからでしょうか?

A腰椎椎間板ヘルニアの好発部位はL4-5-S1となっております。これは腰椎椎間関節の構造上、屈伸に有利な構造をしていること、それに加え腰椎に加わる負荷が胸椎に比べて大きい事が好発の理由でしょうか?

 当たり前な事ですが、好発部位としている部位には、絶対に他部位とは違う機能解剖学的な理由があると思います。なかなか一人で考えても分からなく、質問させていただきました。

 ぜひご指導の上、詳細が書かれた文献等ありましたら教えて下さい。
宜しくお願い致します。



Re:好発部位  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年01月29日 10:56:21  No.3343002
I P:220.107.213.183
まあ、好発部位以外の骨折が無いということではないのですが…

構造的に荷重の方向が変わる部分はストレスを受けやすいですから
障害もされやすいと思います。



[3341] 最終域感について  投稿者:PTS1年  投稿日:2011年01月10日 12:04:11  No.3341001 [返信]
I P:118.19.52.70
PTS1年の者です。
学校での講義でよく理解できていない部分があるので教えていただきたく、書き込みしました。
健常な場合の最終域感は@軟部組織性A結合組織性B骨性と3つあることを学び、それが次のような場合どれに当てはまるのかというのがよくわかりません。

1)股関節 膝関節伸展位での屈曲(背臥位)
      膝関節屈曲位での屈曲(背臥位)

2)膝関節 股関節伸展位での屈曲(背臥位)
      股関節屈曲位での屈曲(腹臥位)

よろしくお願いします。



Re:最終域感について  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年01月29日 10:52:44  No.3341002
I P:220.107.213.183
正常な関節には、正常な可動域制限因子があります。
徒手筋力検査法の第4版には運動と一緒に載っているので
見るといいかも。

<拘縮の分類>
関節可動域制限が関節包外の軟部組織(靱帯、筋、皮下組織、皮膚等)に起因するとき「拘縮」という。(※骨性による制限→強直)
屈曲が制限される伸展拘縮と伸展が制限される屈曲拘縮がある。共にPTアプローチで改善可能。

1)皮膚性拘縮
熱傷後や皮膚挫創後に皮膚が壊死を起こし、瘢痕治癒後に発生する瘢痕拘縮
(V度またはU度真皮深層熱傷で関節拘縮生じる)

2)結合組織性拘縮
関節拘縮が皮下組織・靱帯・腱・腱膜など結合組織の瘢痕性病変に起因するもの
(デビュイトラン拘縮等)

3)筋性拘縮
種々の原因で筋の収縮性または伸展性が減弱し、関節が長期間にわたり特定の肢位に固定され制限されたもの。
・持続的に関節が特定の肢位に固定された場合(高齢者の長期臥床で筋の廃用性萎縮を伴う筋性拘縮等)
・筋実質の疾患による場合(筋炎等)
・阻血性拘縮(フォルクマン拘縮等)

4)神経性拘縮
関節拘縮の原因が神経疾患に由来するもの。
・痙性拘縮=痙性麻痺を伴う中枢神経疾患では筋の緊張亢進による。
・弛緩性麻痺による拘縮=末梢神経障害に伴う筋の弛緩性麻痺による。
・反射性拘縮=関節痛があると関節運動に関与する筋群に筋攣縮おこり、疼痛の少ない肢位をとることによる。

<参考:関節拘縮の判別(関節拘縮は本来無痛)>
関節可動域が制限されている位置で、更に外力を加えて伸張すると、それに比例して筋・腱の緊張度が増大するときは、筋・腱の短縮が存在している。
筋・腱のゆるんだ位置で関節の遊びを触診し、正常関節のそれに比して減少を示す場合は、関節包・関節靱帯の短縮が存在する。
同時に伸張による筋・腱の緊張の増大が伴う場合、関節包内外の両者に短縮が存在する。



[3344] 膝離断とサイム切断および足部部分切断とその義足  投稿者:ジュン  投稿日:2011年01月14日 13:14:20  No.3344001 [返信]
I P:61.45.10.247
PT学科2年です!!

義肢装具学の授業でタイトルに書いた課題のレポートを書くように指示されました。
しかし、教科書を丸写ししてはいけないと言われ、ネットで良い情報がないか調べたのですが、見つからず困っています・・・。
そこで何か良い資料になりそうなサイトがあれば教えて頂けると光栄です!!

ちなみにレポートの提出期限が17日なので、出来れば早めに教えて頂けるとなお幸いです。
申し訳ありませんが、よろしくお願いします!



Re:膝離断とサイム切断および足部部分切断とその義足  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年01月29日 10:46:39  No.3344002
I P:220.107.213.183
なぜ、教科書の丸写しがいけないと言われたのか
考えたことがありますか?
出題者の隠された意図は何なんだろうって。

教科書じゃなければ丸写しがいいのかどうか。

いくつかの資料からの「寄せ集め」ならいいのかどうか。

どの機能が障害されたから
どのような義足でカバーするのか。
義足に求められる機能はなんなのか。
なぜその機能が必要なのか。
その機能が無ければどうなってしまうのか。

そういったことを自分の頭で考えてほしいから
丸写しがダメと言われているのではないでしょうか。




[3345] 関節リウマチについて  投稿者:しんいち  投稿日:2011年01月15日 18:37:49  No.3345001 [返信]
I P:116.83.248.12
はじめまして。埼玉県在住のPTの学生です。
関節リウマチの評価項目をできるだけ多く知りたいと思っております
是非教えてください。お願い致します。



Re:関節リウマチについて  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年01月29日 10:41:26  No.3345002
I P:220.107.213.183
関節リウマチの評価、診断は医師が使う本に載っていますよね。
視診、触診、問診のほかに血液検査、レントゲンなど。

関節リウマチによる機能障害の評価は
理学療法関係の本に載っていると思います。



[3349] 訓練プログラムの選択について  投稿者:SAI  投稿日:2011年01月25日 02:57:11  No.3349001 [返信]
I P:221.31.196.144
初めて質問させていただきます。現在、理学療法学科3年の学生です。
評価実習が終了したあと、学校から「評価した患者さんの訓練プログラムを立案せよ」というレポートが出されました。その患者さんというのが、
脳出血による左片麻痺、老健に入所中の維持期の方、要介護1、50代女性、
左肩関節亜脱臼(常に軽い痛みがあるとのこと)、
左下肢にシューホンブレースを装着して歩行する(歩行速度は約37m/minでそれほど遅くない、杖を突かずスタスタ歩いている)、
ROMに問題なし、MMT(左上下肢)は3〜4レベル、筋緊張は問題なし、
施設内でのADLも自立している方です。
バイザーがこの患者さんに行っていた訓練はただ一つ、「施設内を100mぐらい歩いてもらう」というもので、その理由は、「現在の生活を維持できるようにすること」だそうです。患者本人も「別に今の生活で困ったことや、してほしいことはない」と言っています。
このような方に対してどのようにプログラムを立てればいいのか分からずに困っています。個人的には左肩の亜脱臼に対するアプローチとして肩の周囲筋を鍛えるのがいいと思っているのですが・・・
それとも全身の持久力を高めるためにトレッドミルやエルゴメーターを使用するのがいいのでしょうか・・・
バカな質問ですみませんが、よろしければアドバイスをお願いします。



私が思うにはですが…  投稿者:みー  投稿日:2011年01月25日 23:47:43  No.3349002
I P:126.220.21.135
そのバイザーが100m歩いてほしいといってるとゆうことは、今はその距離が難しいんですかね?なぜ歩けないのでしょう?本当に耐久性の低下のみの問題なのでしょうか?どんな歩容かわかりませんが、その歩容だから歩けないとゆうことは考えられませんか?肩の痛みもなぜあるんでしょうね?
バイザーの言ってることに当てはめすぎるのもよくはないと思いますが、バイザーからゴールを決められてるならなぜそれができないのかをまず考えましょう。そうすると訓練内容は浮かぶと思います。



Re:訓練プログラムの選択について  投稿者:名無し  投稿日:2011年01月26日 21:33:55  No.3349003
I P:114.159.57.197
少し厳しい言い方かもしれませんが「評価」はしたんですよね。
評価は何のために行ったんですか?
評価は検査だけではないですし、対象者が「できる」と言っていることも、どのように行っているかを評価できましたか?
困ったことはなくとも、こうするとorこうなるとbetterということはありませんか?朝起きて夜眠るまでどのような一日を過ごされているかを知ることができていればアプローチの方向が見えてきそうですよ。
答えを他人に訊くより、もっともっともっと自分の頭で考える習慣をつけた方がいいと思います。
最終学年での実習では何のための評価かを考えて行えるといいかもしれませんね。上からの物言いですいません。頑張ってください。



[3347] CT(眼窩外側縁と外字孔を結ぶ線(OM線)に平行な断層撮影  投稿者:ジュン  投稿日:2011年01月22日 11:51:42  No.3347001 [返信]
I P:124.44.230.154
PTS2年です。

タイトルにも書いたように、CT撮影で、主に内包・被殻・視床・松果体が撮影されている高さのレベルは何ですか?



[3337] スチュワート・ホームズ反跳現象?  投稿者:むろ  投稿日:2010年12月25日 03:31:30  No.3337001 [返信]
I P:125.202.118.97
医療健康学部理学療法学科の2年です。
スチュワート・ホームズ反跳現象とはどのようなものなのでしょうか?調べてみたのですが、小脳の障害があるかどうかを確かめるためのものなのだということぐらいしか分からず・・・。どなたか回答よろしくお願いします。



Re:スチュワート・ホームズ反跳現象?  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年01月19日 13:28:38  No.3337002
I P:60.43.15.233
「ベッドサイドの神経の診かた」などの本に
やり方などが乗っていると思いますが。



[2233] 被殻出血について・・・  投稿者:shuri  投稿日:2007年10月11日 10:54:32  No.2233001 [返信]
I P:219.176.209.42
こんにちは、毎回、的確なアドバイス非常に参考になります!
さっそく質問させてください...
被殻は大脳基底核で不随意運動のコントロールに司っていますが、なぜ、被殻出血では、不随意運動は出現せずに錐体路兆候が著明になるのかが分からず困ってしまいました。
ぜひ、ご回答いただけますようよろしくお願いいたします。



Re:被殻出血について・・・  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年01月17日 23:39:40  No.2233002
I P:123.224.35.207
被殼出血は、レンズ核線条体動脈外側枝からの出血のことを言うかな。
血腫が大きいと内包の障害により対側の片麻痺が生じます。
優位半球からの出血なら失語症、非優位半球なら失行・失認が出現します。

被殻と尾状核はもともと一つだったものが進化の過程で
無い方によって分断されたものだそうです。
ですから、出血によって内包が障害を受けることがほとんどです。



[1739] 腓骨神経麻痺  投稿者:PTS  投稿日:2006年05月16日 21:44:16  No.1739001 [返信]
I P:138.243.201.4
連日の投稿すいません。腓骨神経麻痺のある方に対して、
ペースメーカーにより電気治療が行えない場合、その脱神経筋に対して、他に効果的な治療手技はありますでしょうか?



Re:腓骨神経麻痺  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年01月17日 23:27:43  No.1739002
I P:123.224.35.207
腓骨神経麻痺の原因は何でしょうね。

腓骨神経麻痺によって起こる
能力障害に対して
何が出来るでしょうね。



[3346] 人工骨頭置換術施工/ROM測定  投稿者:キャン  投稿日:2011年01月15日 23:34:33  No.3346001 [返信]
I P:210.188.41.27
はじめまして。現在評価実習中の、PTS3年の者です。
今回、大腿骨頚部内側骨折にて人工骨頭置換術を施行された症例患者様の評価をさせて頂くことになりました。
ROM測定を行いたいのですが、人工骨頭置換術を施行した場合、過度な股関節屈曲は禁忌肢位ですよね?
この場合、股関節屈曲のROM測定はどのようにして行えばよろしいのでしょうか?
ご本人は体幹前屈での靴の着脱を避け、靴べらを使用されているのですが、動作観察をしていると、股関節屈曲ROM100°以上はありそうです。
お忙しい中申し訳ありませんが、お答え頂けたら幸いです。



Re:人工骨頭置換術施工/ROM測定  投稿者:名無し  投稿日:2011年01月16日 08:15:30  No.3346002
I P:112.71.57.106
回復期にて理学療法しています。
まずは、術中の脱臼角度についての情報はもっていますか?
ドクターに質問するか、カルテ等に記載されていると思います。
そこからリスク管理しながら計測していけばいいです。
また、本当に股関節の純粋な動きなのかはしっかりと動作を見て予測してくださいね。
あとは、股関節屈曲角度をなぜ知りたいのかはっきりさせといてくださいね。股関節の手術をしたから計測るのでしょうか?

大変でしょうが頑張ってください。




Re:人工骨頭置換術施工/ROM測定  投稿者:キャン  投稿日:2011年01月16日 09:56:00  No.3346003
I P:210.188.41.27
大変分かりやすい説明を、ありがとうございました。
実際に患者様に触れて評価させて頂く経験は今回が初めてなので、「痛みがなければ動かして、end feel を感じる角度にて測定した方がより正確なROMを知ることが出来るのではないか」という考えから、リスクを犯してしまうところでした。
今後まずは情報収集から行いたいともいます。
また、アドバイス頂きましたとおり、測定の際は代償運動にも十分気をつけたいと思います。
本当にありがとうございました。



[3342] 片麻痺を呈した患者様の重心位置について  投稿者:タツヤ  投稿日:2011年01月12日 22:16:59  No.3342001 [返信]
I P:114.167.115.90
いつもお世話になっております、PT2年目のタツヤと申します。以下に記載する内容に関してみなさんの考えを伺えたらと思っています。
CVAにより片麻痺を呈した患者様の立位姿勢・歩容を見ているとほとんどの方が非麻痺側に重心が位置しているのではないでしょうか(例外はあると思いますが)。みなさんはなぜ片麻痺を呈した患者様は重心が非麻痺側に位置してしまうと思いますか?
以前まで私は表在感覚が悪いからと思いこんでいました。しかし、切断の患者様や感覚が脱失している方、もう少しわかりやすい例を出すと先天性無痛無汗症の方も綺麗に歩けているではないかと考えるようになりました。ではなぜ非麻痺側に重心が位置してしまうのか。先天性無痛無汗症は両側ともに感覚を感じないから歩けるのか?一方だけが感じないから感じる側である非麻痺側に重心が位置するのか。深部感覚が関与しているのか。筋緊張などが関与しているのか。考えれば考えるほど整理がつかなくなってしまっています。よいご意見がありましたら教えていただけると幸いです。



Re:片麻痺を呈した患者様の重心位置について  投稿者:名無し  投稿日:2011年01月16日 08:23:56  No.3342002
I P:112.71.57.106
回復期にて理学療法士しています。
理由は様々だとは思います。 整形疾患等でも重心は健側側になります。なぜでしょうか? 痛み・頼りなさ・身体図式(整形の患者様でも例えば下肢の骨折の患者様に下肢の写真を色々な方向に向けランダムに見せ、左右どちらか問うと実は間違いが非常に多くなります。)
何か身体に起こると脳の中では色々な変化が起こるのでそこの理解が必要となってくるのではないでしょうか。
感覚だけでは無いとは思いますが、1つの要因としては含まれている方もおられると思います。
左右の麻痺でも変化しますよね。臥位や座位での評価も必要ですし、可能なら患者様に言語化させてみると患者様の世界感が見えてくるものもあるのではないでしょうか。
また、色々な意見聞かせてください。



[3339] 小脳出血患者様の特徴的姿勢に対する治療展開  投稿者:タツヤ  投稿日:2010年12月31日 08:43:30  No.3339001 [返信]
I P:114.167.115.90
いつもお世話になっております、PT2年目のタツヤと申します。
現在担当している小脳出血の患者様に関してです。発症から約4ヶ月強(ただし、嘔吐などにより積極的にリハを始めてからは約1ヶ月強)経過、四肢・体幹の失調は軽度(どちらかといえば体幹失調の方が四肢よりは強い)、ADL上支障をきたす高次脳機能障害はなし(軽度の注意障害のみあり、性格変化や記憶障害などはなし)、FIM119点、歩行はサークルにて自立といったレベルの方です。この方の姿勢特徴としましては、バックバランスといってよいかわかりませんが、左側面からみると「くの字」の様に骨盤が前方に位置し、股関節は相対的に伸展位にあるような状況であります。また、重心は前方に位置しております。その為、当然ながら左右より前後方向に対しての外乱に弱く、また、歩行を行っていても前方につまずきそうな歩き方をします。このような方に対して重心位置を正常に近づけるためにはどのように治療を展開していったらよいのかということで行き詰まってしまっています。現在、バックバランスが起きている原因には以下の要素があるのではないかと考えています。
@大殿筋より脊柱起立筋優位の収縮形態となってしまうこと。
A腹部より脊柱起立筋優位の収縮形態となってしまうこと。
B重心が前方に位置していることにより体幹を後傾することでバランスを確保している

 その為、治療としては大殿筋や腹部の筋力増強訓練の他、つま先に数cmの雑誌などを置き、踵に重心を位置させるように促したりと行っていますが、よい結果には結びついておりません。良いアドバイスがありましたらお願い致します。



Re:小脳出血患者様の特徴的姿勢に対する治療展開  投稿者:館長(red)  投稿日:2011年01月06日 13:29:39  No.3339002
I P:60.43.15.233
うーん
まるで下り坂に立っているようなバランスで立位をとっているのかな?
伸展が強く出て、のけぞるような感じ?
爪先立ちになったりもしますか?

協調運動に障害があるために
骨盤を中間位で止めておくようなことが難しくなっているのでしょう。

テーブルに前腕支持で軽く前傾したような座位で
骨盤の前後傾を頭部を動かさないように行う練習をしてみては?



Re:小脳出血患者様の特徴的姿勢に対する治療展開  投稿者:タツヤ  投稿日:2011年01月07日 19:35:09  No.3339003
I P:114.167.115.90
館長様
 お返事ありがとうございます。言葉としてわかりやすい表現はのけぞるような感じというのが一番しっくりくる状態です。不安定な環境であればあるほど体幹伸展が強くなり、前方にふらつきます。ただし、サークル自立、独歩もほぼ自立レベルに近い見守りレベルであるため、ふらついても自制内です。館長様がおっしゃっている訓練も行っており、座位では協調的に使えている状況です。前後傾のみならず円を描くような骨盤の動きも行っています。



[3332] 高齢者の歩行  投稿者:ゆーき  投稿日:2010年12月19日 00:25:18  No.3332001 [返信]
I P:60.236.249.48
PTの学生の1年生です。

高齢者の歩行の特徴でトゥクリアランスの増加と書いてあるのですが
高齢者は関節が悪いとも書いています。
関節の運動が悪いのにトゥクリアランスが増加するというのは矛盾していませんか?

そこを教えてください。
お願いします。



Re:高齢者の歩行  投稿者:館長(red)  投稿日:2010年12月28日 22:50:58  No.3332002
I P:123.224.35.207
関節の動きが悪いので
そのままではつま先が引っかかってしまいます。
なので、「そのままでは歩かない」ということになります。

つまり、少し努力をして関節を多めに動かそうとしますが
感覚の低下もあるためにぎりぎりを見極められずに
多めに足を上げて引っかかるリスクを減らしていると考えられます。





高齢者の歩行  投稿者:ゆーき  投稿日:2010年12月30日 18:03:29  No.3332003
I P:210.147.149.223
あ〜なるほど!
わかりました。
ありがとうございました。



[3335] 質問です  投稿者:くま  投稿日:2010年12月20日 00:04:47  No.3335001 [返信]
I P:119.242.199.188
現在理学療法学科1年の学生です。
いろんな授業で痙性は錐体路障害によっておこるということを教わるんですが、なぜ錐体路の障害によって痙性がおこるのかわかりません。痙性の特徴的な症状である折りたたみナイフ現象のような筋緊張の異常が起こるメカニズムについてどなたか教えていただけませんか?



Re:質問です  投稿者:館長(red)  投稿日:2010年12月28日 23:04:44  No.3335002
I P:123.224.35.207
純粋に錐体路だけが障害された場合は
弛緩性の麻痺となり痙性は出現しないようです。
ただ、錐体路は錐体外路と近接しているために
両方が障害されてしまうことがほとんどです。

ですので、錐体外路の機能についても理解を深めるとよいでしょう。

脊髄損傷で痙性の出る仕組みは分かりますか?
分からなければそちらからも調べるとよいでしょう。



[3333] (無題)  投稿者:  投稿日:2010年12月19日 02:26:35  No.3333001 [返信]
I P:61.45.10.247
動脈側の毛細血管から出た血漿成分が静脈側の毛細血管へ戻ることが出来る理由に関わるドナン効果とはどんなものですか?教えてください。


Re:(無題)  投稿者:館長(red)  投稿日:2010年12月20日 00:39:00  No.3333002
I P:123.224.35.207
生体物質を移動させる駆動力は5つ考えられています。


拡散(diffusion)
濾過(filtration)
浸透流(osmosis)
イオン流(ion current)
能動輸送(active transport)

このうちイオン流にかかわるのがドナン効果だと思います。

細胞膜や血管壁を通過できない蛋白質のような巨大分子がどちらかのスペースに存在する場合、その荷電のために2つの体液区分間においてイオン分布に不均一性を生じます。

これをドナン効果(Donann effect)といいます。

細胞内には多くの巨大蛋白質が存在しているがそれだけで、細胞内は陽イオンが増え、さらにそれは膜を介する電位(膜電位)に影響というわけです。

細胞内の陽イオン濃度が細胞外に比べ高くなっている場合、
これは細胞内には細胞外に比べ負に電荷をもつ蛋白質が多く存在し、電気的中性を保つために多くの陽イオンが細胞内に存在することになります。

血漿中のNa+イオン濃度が組織間液に比べ若干高く、逆に血漿中のCl -イオン濃度が組織間液に比べ低いのも同じ理由です。




[3334] (無題)  投稿者:ヤナギ  投稿日:2010年12月19日 17:02:33  No.3334001 [返信]
I P:61.45.10.247
根本的なことですが、塞栓があるから浮腫が起こるのか、浮腫があるから塞栓が起こるのか、どちらですか?
教えてください。



Re:(無題)  投稿者:館長(red)  投稿日:2010年12月20日 00:24:09  No.3334002
I P:123.224.35.207
掲示板のトップに注意事項として書かせていただいておりますが、
転記させていただきます。

【タイトルは他の人が見てわかるように具体的に書く。自分の立場が分かるように簡単な自己紹介をする。略語や英語は初めに定義をするか日本語で書く。解答を引用する際は自己責任。レスには必ず返事を書き込むこと。以上、気持ち良くお返事できるような書込をお願いいたします。これらを守れない方は書き込みをしないでください。】



[3329] 脳に存在する特別な受容器  投稿者:  投稿日:2010年12月13日 21:03:35  No.3329001 [返信]
I P:124.44.92.206
自律神経系で、運動時、脳に存在して脳の血液量を一定にしている特別な受容器って何ですか?


Re:脳に存在する特別な受容器  投稿者:館長(red)  投稿日:2010年12月15日 21:52:35  No.3329002
I P:123.224.35.207
「ア」さんはどのような立場の方でしょうか。
簡単な自己紹介をお願いいたします。

http://square.umin.ac.jp/TNMT/SHOKO/287.html
こちらのページをお読みになってみてはいかがでしょうか。
読んでみて役に立ったかどうか書き込みをしてくださいね。



Re:脳に存在する特別な受容器  投稿者:  投稿日:2010年12月18日 21:12:58  No.3329003
I P:61.45.10.247
遅くなってすいません。
ご回答ありがとうございました。
僕は、大学の理学療法学科2回生です!!
毎週火曜に運動整理の小テストがあり、あまり理解出来ず困っています。これからも色々質問させていただきたいのですがよろしいですか?



[2983] 膝関節の転がり、滑り運動について  投稿者:ケン  投稿日:2009年10月27日 22:56:13  No.2983001 [返信]
I P:114.185.65.39
はじめましてPTS1年のものです。

運動学で膝関節の勉強をしているんですが、どうしても膝関節の転がり、滑り運動について説明ができません。私自信が理解しているのは下記の通りになります。

・脛骨大腿関節において、脛骨の関節面に比べ、大腿骨の関節面のほうが広い(長い)
・大腿骨の関節面の曲率半径が関与している。

以上になります。中途半端で恐縮です。何かお勧めの資料とございますでしょうか?お忙しい中恐れ入りますがよろしくお願いいたします。



[2912] BBSの原本  投稿者:クロ  投稿日:2009年08月06日 16:35:24  No.2912001 [返信]
I P:218.226.190.101
「Berg Balance Scale」の原本を捜しているのですが、どうしても見つかりません。
和訳の物では言葉の表現が違っている物がありますし、正確な方法を知りたいのです。
「BBSの原本」という言葉が以前載っていたので、館長さんでしたらご存知かと思い、書き込ませて頂きます。



Re:BBSの原本  投稿者:クロ  投稿日:2009年08月06日 22:36:35  No.2912003
I P:115.176.167.218
検索すれば英語のがたくさん出てくるのですが、それがオリジナルのものなのか、それとも多少変更してあるものなのか拙い英語力では判断がつかなかったものですから迷いました。
ありがとうございます。



[2776] Functional Balance Scaleの評価  投稿者:AK  投稿日:2009年04月18日 03:43:35  No.2776001 [返信]
I P:222.227.242.7
Functional Balance Scaleの評価方法が分かりません。
どなたか教えてください。検査表などがありましたら助かります。。



Re:Functional Balance Scaleの評価  投稿者:AK  投稿日:2009年04月18日 03:54:05  No.2776002
I P:222.227.242.7
自己紹介が遅れました!!
臨床実習中のPTSです。



Re:Functional Balance Scaleの評価  投稿者:AK  投稿日:2009年04月19日 00:12:22  No.2776004
I P:222.227.242.7
ありがとうございます。
参考にさせて頂きました!Berg Balance Scaleで探したら他にも資料を見つけることができました!
助かりました、本当にありがとうございました!



[2759] 今年の国家試験の問題  投稿者:あみ  投稿日:2009年03月17日 01:22:45  No.2759001 [返信]
I P:58.183.162.218
館長さん、はじめまして。
現在PTS3年の者です。
今年の国家試験の問題をインターネットで探しているのですが、見つかりません。
柔道整復師の国家試験の問題は見つけたのですが・・・
PT・OTの国家試験の問題を見られるサイトをご存じでしたら教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。



[2514] 質問です。  投稿者:ナデシコ  投稿日:2008年06月14日 11:32:04  No.2514001 [返信]
I P:58.89.244.155
現在、理学療法学科3年生です。
勉強中にふと思ったことなのでこの掲示板の趣旨には合ってないかもしれませんが質問です。
人間に対する理学療法があるのであれば、動物に対する理学療法などもあるのでしょうか?人間が骨折した際には筋力増強や可動域改善のために理学療法を行いますが、動物が骨折した場合は骨癒合すればそれ終わりなのでしょうか?
犬が脊髄損傷やヘルニアになって後肢が麻痺したときにカートを使うというのは見たことがあるのですが、もし中枢疾患を起こした場合はどうするのでしょう?
いくつか動物リハビリテーションで調べてみたのですが、海外に比べると日本ではまだ認知されていない分野のようで情報も少ないようです。
動物に対する理学療法なんて馬鹿げていると思われるかもしれませんが、無知な学生の素朴な疑問として聞いていただければ幸いです。



Re:質問です。  投稿者:POM  投稿日:2008年06月14日 12:16:35  No.2514002
I P:61.23.153.179
私も一度調べたことがあります。
どこで盛んに行われているのかはわかりませんが・・・トレッドミルを水中に取り付け(確かヒト用のもあったかと思いますが)それを犬のリハビリ(歩行訓練)として取り入れているクリニック(?)があると聞いたことがあります。



Re:質問です。  投稿者:ナデシコ  投稿日:2008年06月14日 12:38:46  No.2514003
I P:58.89.244.155
POMさん
返信ありがとうございます。
水中トレッドミルによる歩行訓練に関しては、いくつかの施設のHPにも掲載されていました。
動物に対する徒手的療法に関しての文献を探してみようと思います。



Re:質問です。  投稿者:K  投稿日:2008年06月14日 14:40:09  No.2514004
I P:122.22.4.195
以前テレビで犬用の車いすを見たことがあります。
日本にもあるんですかねぇ。



Re:質問です。  投稿者:ナデシコ  投稿日:2008年06月15日 12:02:17  No.2514006
I P:58.89.245.138
返信ありがとうございます。
検索次第ではかなりの数でヒットするんですね。
今後は検索方法も勉強しようと思います。

動物専門の理学療法士とまではいかなくても、動物に対しても有効なアプローチができるようになりたいと思います。
これまでは特に将来の目標などは無かったのですが、道が見えたような気がします。



[2355] 義肢学の異常歩行について  投稿者:A  投稿日:2008年01月28日 10:14:26  No.2355001 [返信]
I P:221.85.228.172
 はじめまして、PTS4年です。国試の勉強をしていると疑問にぶつかってしまい先に進まなくなりました。
大腿義足の異常歩行についてです。

@外転歩行の原因:初期内転角不足、弱い外転筋力
A内側ホイップの原因:ソケット内での断端の外旋
B外側ホイップの原因:ソケット内での断端の内旋、皮下脂肪が多い
C足部回旋の原因:後方バンパー硬い

 どうしても現象と原因とが結び付けられません。どのような機序によるものであるのかを教えていただきたいです。よろしくお願いします。

医歯薬出版の理学療法基礎編に書かれてある内容です。






義肢学≒運動学≒物理学です  投稿者:つばさ  投稿日:2008年02月04日 03:29:29  No.2355003
I P:221.102.130.112
文章だけで想像できなかったら絵を描いてみるとか、実際に小さな模型作るとか試したらいいんじゃないでしょうか?少なくとも
>@外転歩行の原因:初期内転角不足、弱い外転筋力
については御覧になってる医歯薬出版の理学療法基礎編p.232に説明が書かれてありますよ。




[2196] はじめまして  投稿者:カナ  投稿日:2007年09月07日 23:59:20  No.2196001 [返信]
I P:220.220.23.1
施設の看護師をしていますカナといいます。
リハビリ職種ではないんですが質問させていただいていいでしょうか?

うちにはリハビリの先生がいらっしゃらず
自分たちで試行錯誤しながら立ったり歩行のリハビリ(と言っていいのか)をしています。

そこで
両足の長さが違い立位や歩行時に上手く立てないという利用者様が何人かいらっしゃいます。
その方達というのは過去に大腿骨頸部骨折の既往があります。
大腿骨頸部骨折で何故足の長さが違うのか調べていると、治癒した過程で変形して足の長さが違ってくるという事がありました。
それでかな、と自分では思いましたが、この考えが正しいのかどうかが確認する術がなく、他にも理由があるのか、またそういう方に対してはどのようにして立ったり歩いたりを誘導したらいいのか知りたいと思っています。
調べていくうちにハッキリと理由を知って、上手く誘導できればと思い、でも今の環境では限界があり、こちらで質問させてもらっています。

過去の質問を読み返していると簡単に教えて頂ける事ではないかもしれませんが、何か私のような者でも分かるような文献や考えるヒントだけでも頂けると嬉しいです。

よろしくお願いします。



Re:はじめまして  投稿者:カナ  投稿日:2007年09月08日 07:44:58  No.2196003
I P:58.95.103.23
早速ご丁寧なお返事ありがとうございます。
教えて頂いたものを読んで利用者様と併せて考えてみます。
そこでまたどうしても疑問が解決しなければ
また具体的な質問をさせてください。

とりいそぎお礼申し上げます。
ありがとうございました。



[2184] 見つかりません  投稿者:にく  投稿日:2007年08月29日 19:35:52  No.2184001 [返信]
I P:138.243.129.170
現在、実習中のPTSです。
Functional Balance Scaleについてです。
各項目0〜4点となっているのですが、
各点数の基準がわかりません。(ここまで可能なら〜点など)

指導者の先生に、得点基準を聞かれて答えられず困ってます。
よければ教えてください。



Re:見つかりません  投稿者:にく  投稿日:2007年08月29日 23:25:27  No.2184003
I P:138.243.129.170
館長様、ありがとうございました。
ネットでも探したんですが、努力不足だったのかもしれません。
推薦された本については、現在注文して入荷待ち状態です。
ありがとうございました。



[3330] 肩の置換術について  投稿者:まり  投稿日:2010年12月14日 11:35:46  No.3330001 [返信]
I P:202.127.93.244
はじめまして。PT2年目のまりです。
当院では、肩OAや骨折の患者さんを中心に、人工肩関節置換術TSAと肩人工骨頭置換術HHRを行っています。
肩OAでもTSAの場合もあるし、HHRの場合もあります。
適応についてふと思ったのですが、OAのグレードによってTSAかHHRかを決定するということでしょうか?
関節窩にも骨棘や変形があればTSAというような考えでよろしいでしょうか?
Drに上記について聞くと、「自分で調べろ」といわれて今調べているところですが、まだ見つかっていません。
今働ている場所はPT1人(私)だけで、OTが1人いますがわからないとのことです。
また、TSAでもHHRでも人工の骨頭にしてしまったら、骨頭に付着しているインナーマッスルなどの筋はどうするのですか?
人工のheadに筋を縫い付ける場所があるのでしょうか?

なにか載っている文献や教科書や、ご意見などいただけると幸いです。



Re:肩の置換術について  投稿者:館長(red)  投稿日:2010年12月15日 21:49:11  No.3330002
I P:123.224.35.207
実際の手術内容等に関しては医師に聞かないと分からないですよね。

以下、参考になるかどうか。

人工肩関節置換術術後の理学療法最前線
宮内博雄*1, 中谷孝*2, 近藤宗昭*2, 椋下孝博*2
*1海里マリン病院リハビリテーション科, *2海里マリン病院整形外科
理学療法, 25(8) : 1166-1173, 2008.

上肢障害に対する手術療法の進歩とADL
稲垣克記
昭和大学医学部整形外科学教室
JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION, 15(5) : 434-440, 2006.

人工肩関節置換術の治療成績
工藤修己, 束野通志, 生田拓也, 藤原明, 坂口満
熊本整形外科病院
整形外科と災害外科, 45(2) : 520-525, 1996.

2.骨折に対する肩の人工骨頭の適応と術後成績
神平雅司
市立甲府病院整形外科
痛みと臨床, 4(1) : 63-67, 2004.

高齢者の上腕骨近位端骨折手術例の検討
城戸正喜, 松崎昭夫, 足達裕, 佐藤哲紀, 伊藤滋敏, 小嶺俊
福岡大学筑紫病院整形外科
整形外科と災害外科, 45(4) : 1290, 1996.

上腕骨近位端骨折, 脱臼骨折の観血的治療例の検討
伊藤靖, 杉山宣幸, 廣瀬和義, 吉田雅博, 山田順亮, 金物壽久*
社会保険中京病院整形外科, *長野赤十字病院整形外科
骨折, 17(2) : 521-524, 1995.



[3327] 変形性膝関節症  投稿者:PTSサトウ  投稿日:2010年11月30日 01:01:12  No.3327001 [返信]
I P:180.7.205.157
初めまして。
現在PTS3年のサトウといいます。現在、整形外科専門の病院に実習中です。実習中に疑問に思い、バイザーに質問したところ自分の力で解決しなさいと怒られました。
皆さんの力を貸していただきたく質問させていただきます。
変形性膝関節症のかたで手術前からACLが切れている方がいたのですが、切れてしまっている原因とはどのようなものがあるのでしょうか?
自分の中では、顆間窩周囲の骨棘や回旋中心軸のずれによりACLに過度な負担がかかったために切れてしまっているのでは?というところまでしか考えられません。
どなたか解決する方法を教えてください。
お願いします。



(無題)  投稿者:敬司  投稿日:2010年11月30日 21:27:42  No.3327002
I P:61.114.29.124
 実習お疲れ様です。理学療法士の敬司と申します。
なかなか難しいケースのようですね。ACLの断裂は何で確認されたのでしょうか。最近のもの?それとも古傷でしょうか。
OAが原因でACLが断裂するというのは、なかなか考えづらいかなと思います。外傷歴や、スポーツ歴など参照してみてはいかがでしょうか。
ACLはKNEE INでも、KNEE OUTでも受傷しますし、下腿の前方ストレスでもあり得ます。
ACLをやられると、膝の動的不安定性が出ますし、スクリューホームムーブメントもうまく機能しなくなります。また内側半月板との連結を持っており、適合が不十分になる可能性も・・。
そこから、膝のOAに移行するケースは考えられるとは思いますが。
激しいスポーツをする方でなければ、一度切れてしまっても腫れが引いた後にふつうに生活を送られている場合もあるようですよ。
ただ膝の不安定性は当然残ります。
 まとまりがなくなってしまいましたが、原因をもう少し掘り下げてみた方がよいかもしれませんね。実習頑張ってください!!



Re:変形性膝関節症  投稿者:PTSサトウ  投稿日:2010年11月30日 22:26:04  No.3327003
I P:180.7.229.111
敬司さん返信ありがとうございます。
ACL断裂は手術記録を見させてもらったら、ACL消失と記載してあり、ACLは溶けて無かったそうなんです。過去にACLを断裂しており、陳旧性の既往と考えてもいいのでしょうか?
OAになったから、ACLの断裂や損傷とは結びつかないのでしょうか?



(無題)  投稿者:敬司  投稿日:2010年11月30日 22:56:38  No.3327004
I P:61.114.29.124
 手術記録というのは、何かOPEを今回されたのでしょうか。
「溶けて無い」という事は、既往で断裂しており、壊死を起こしたと考えても良いかもしれません。ACLは関節内靭帯であるため、膝の他の靭帯であるMCLなどとは自然治癒力が大きく異なります。つまり、血行が十分に得られていない部分なんです。ですから、断裂した場合はOPEをして縫合しないと、壊死するケースも多いかと。
 僕が勉強不足なのかもしれませんが、OAが原因でというのはあまり考えられません。何かしら、受傷起点があるものと思います。半月板であれば、まだ分かりますが・・。



(無題)  投稿者:敬司  投稿日:2010年11月30日 22:59:53  No.3327005
I P:61.114.29.124
 ニュアンスがまずかったかも知れません。ACL断裂の場合は、縫合というより、膝蓋腱やハム・薄筋腱を用いて、再建をします。


(無題)  投稿者:敬司  投稿日:2010年12月01日 20:50:22  No.3327006
I P:211.1.94.179
 何か分かりましたでしょうか。今日、僕の方でも他のセラピストに情報を貰う事ができました。ACLは断裂や損傷しなくても、OAで膝を固めた状態での生活が長く続くと、骨化したり消失したりするケースもまれにあるようです。


Re:変形性膝関節症  投稿者:PTSサトウ  投稿日:2010年12月02日 00:40:01  No.3327007
I P:180.7.254.66
敬司さんご丁寧な返信ありがとうございます。
TKAを施行した患者様のことだったんですが、TKAの手術記録のなかにACL消失と記載があったんです。
いろいろ考えたんですが、何らかの原因によりACL消失やACL不全となったため、回旋中心軸の外側方向への移動により内側移動量の増加に伴い軟骨摩耗が進んだためにOAが助長されたと考えるようにしてみます。
いろいろとアドバイスありがとうございました。



Re:変形性膝関節症  投稿者:天気  投稿日:2010年12月05日 20:32:16  No.3327008
I P:219.96.37.210
acl断裂したのを放置。その後長年かけて変形性膝関節症になった。

acl受傷→oa
oa発症→acl断裂

2タイプ考えられますかねぇ



Re:変形性膝関節症  投稿者:mappy  投稿日:2010年12月06日 17:33:59  No.3327009
I P:210.148.92.62
たまーに みにきていますけど 書いてみような

一時期(10年以上前)医者の間ではACL断裂を見つけたらすぐ再建術というころがありました。
ACL断裂による不安定=その後のOA必発という理論です

しかしその後
ACL断裂後に不安定を頻回または大きな動きを生じる中での半月版損傷が存在=OA必発というように変っています。これだと従来の診断の経験も加わり選択枝が増えました、いそがないで、または保存でも十分よい人が結構いました。

さらにその後
ACLの術式も最小侵襲でしかも成績安定して行えるようになったので、この数年はまた増加傾向のようです。




Re:変形性膝関節症  投稿者:PTSサトウ  投稿日:2010年12月10日 21:58:33  No.3327010
I P:180.7.215.246
天気さん返信ありがとうございます。
OA発症からACL断裂の仕組みというか経過ととなるヒントでも頂ければうれしいのですが。。。
よろしくお願いします。



Re:変形性膝関節症  投稿者:天気  投稿日:2010年12月11日 21:29:23  No.3327011
I P:219.96.37.210
上に書き込まれたmappyさんの方が詳しそうですが・・・。
mappyさんの見解はいかがでしょうか。

あと「メディカルオンライン」で「変形性膝関節症 膝前十字靭帯」とキーワードをいれたら、何件かヒットしまして、その中で

21. 変形性膝関節症における前十字靭帯の評価
西古亨太, 王寺享弘
福岡整形外科病院
整形外科と災害外科, 58(2) : 301, 2009.

変形性膝関節症における膝前十字靭帯の病理組織学的変化
辰尾洋, 和田真, 佐藤充彦, 福田優, 馬場久敏
福井医大・整形
CONNECTIVE TISSUE, 31(2) : 100, 1999.

などありました。気になるタイトルですよね。
あとこれらの文献からの引用を孫引きして広げていっても深まりますかね。



[3312] (無題)  投稿者:31  投稿日:2010年11月04日 17:41:39  No.3312001 [返信]
I P:122.22.201.121
PTS1年生です。

現在授業でMMTを学習しており、段階について質問があります。
段階3のNORMALでは、『重力の抵抗だけに対して、運動範囲内を完全に動かせる』とありますが、

下肢・体幹のMMTでNORMAL出会った場合、立位・歩行などは可能なレベルなのか疑問です。

もちろんケースバイケースで、その患者様によっても異なると理解しているのですが、臨床の場面をまだ経験しておりませんので、イメージしずらいのです。

その為、筋の廃用性の弱化だけを考えた場合は立位・歩行は可能であるのかを教えて頂ければ幸いです。(中枢性の障害(バランス障害)などを除く)



Re:(無題)  投稿者:館長(red)  投稿日:2010年11月18日 12:32:47  No.3312002
I P:60.43.15.233
>段階3のNORMALでは、『重力の抵抗だけに対して、運動範囲内を完全に動かせる』と

Normalは 「5」ではないでしょうか。

5(Normal):運動範囲全体に渡って動かすことができ、最大の徒手抵抗に抗して最終運動域を保持できる。

段階「3」は『重力の抵抗だけに対して、運動範囲内を完全に動かせる』ということですね。

>立位・歩行などは可能なレベルなのか疑問

歩行は筋力にはそれほど依存していませんから可能な場合があります。

立ち上がりは筋力が少なければ困難になってきます。
しかし、立ち上がる方法を工夫することによって可能になる場合もあります。



Re:(無題)  投稿者:31  投稿日:2010年12月10日 10:04:06  No.3312003
I P:124.146.109.56
館長様 お忙しいの中返信ありがとうございます。ならびに私の返信が遅くなり申し訳ありません。


>5(Normal):運動範囲全体に渡って動かすことができ、最大の徒手抵抗に抗して最終運動域を保持できる。

重力の抵抗だけに対して、運動範囲内を完全に動かせる』=Fairですね。書き間違っていました。

>歩行は筋力にはそれほど依存していませんから可能な場合があります。

つまり、筋力が弱くても、重心移動等の工夫により可能(ADL訓練等で動作の工夫)を行う事により歩けるようになる可能性があるという事ですね。
なるほど、「歩行出来ない=筋力の弱化」が一番の問題点であると狭い視野で考えていました。もう一度広い範囲で考えてみます。

とても参考になりました。ありがとうございました。



[3328] 防御性収縮  投稿者:ミー  投稿日:2010年12月06日 21:24:59  No.3328001 [返信]
I P:114.176.129.27
はじめまして。現在評価実習中のミーです。
質問なんですが、大腿骨頸部骨折を呈した患者さまの他動運動によるROM-exでは疼痛による防御性収縮により十分な治療が行えません。しかし、自動運動による疼痛は発生せずに問題なく動作は行えます。
そこで質問なんですが、なぜ、他動運動では疼痛は発生し防御性収縮がおこるのに、自動運動では疼痛なく動作をおこせるのでしょうか?
初歩的な質問かもしれませんがアドバイスお願いします。



Re:防御性収縮  投稿者:たか  投稿日:2010年12月07日 12:35:20  No.3328002
I P:112.71.62.19
回復期にて理学療法士しています。
まずは、患者様の立ち場にたってみましょう。自分たちは何をするのか分かって触れていますが、患者様にしてみるとわかりませんよね。恐怖心というものは大きいのではないでしょうか。
ただ、触れるというのは痛みにとって大切なことです。自分でも怪我をするとそこの部位をなでたりしますよね。普通痛みがあれば触れたくないはずなのに触れる方が痛みが治る気になりませんか?でも、他人が触ろうとすると嫌ですよね。
触覚でC線維って覚えていますか?それは情動をつかさどる大脳辺縁系に対して作用します。触れるだけでも安心感を与えることができます。 患者様に触れるときも、防御収縮強い人はファーストタッチに気をつけなければないません。術部から離れた部位より触れていき、安心感を与えるのも1つの方法かもしれませんね。
また、無理に他動的にもっていく必要性があるのかも考えてくださいね。頑張って下さい。



Re:防御性収縮  投稿者:ミー  投稿日:2010年12月07日 20:34:43  No.3328003
I P:114.176.129.27
ご丁寧にありがとうございます。
恐怖感とても大きな理由と思いました。
信頼関係の築けていない自分と患者において一番の大きな理由ですね。
神経線維のことは名前は知っていても勉強不足でした。
明日もその患者と関わることがあるのでファーストタッチを意識してやってみたいと思います。
アドバイスありがとうございました。



[2546] クライン・フォーゲルバッハの運動学  投稿者:タケヤン  投稿日:2008年07月09日 00:14:50  No.2546001 [返信]
I P:58.89.244.202
現在PTS3年生です。
クライン・フォーゲルバッハの運動学について勉強しています。
文献検索したところ、佐藤房郎先生と冨田昌夫先生の文献を見つけたので読んでいるのですが、他に詳しく書かれているものはないでしょうか?
1879のレスに紹介されているURLは現在は見れないようなのですが、どのような内容だったのでしょうか?



Re:クライン・フォーゲルバッハの運動学  投稿者:館長(red)  投稿日:2008年07月11日 00:48:05  No.2546002
I P:123.224.25.191
講習会がありますよ。
http://www.pnf.jp/koushu/koushu.html#FBL4
書籍は
Fbl Klein-Vogelbach Functional Kinetics
http://www.amazon.co.jp/Fbl-Klein-Vogelbach-Functional-Kinetics-Susanne/dp/354029872X
簡単にまとめてあるものでは
http://www4.ocn.ne.jp/~matoo/klein-Vogelbach.pdf
だけど、これを読んだだけでちゃんと理解することは困難でしょう。

友人と手分けをして英語の本を訳していくのが一番勉強になると思いますよ。



[2816] 肢位別の肩関節外旋について  投稿者:アツシ  投稿日:2009年05月20日 22:34:18  No.2816001 [返信]
I P:118.13.136.186
はじめまして。現在実習中のPTS3年生です。

質問なんですが、肩関節外旋をファーストポジション(肘関節屈曲90°)、セカンドポジション(肩関節外転90°、肘関節屈曲90°)サードポジション(肩関節屈曲90°、肘関節屈曲90°)で行う際、それぞれ棘下筋上部・下部、小円筋の作用が異なると聞きました。
色んな参考書や文献で調べてみたのですが載っていませんでした。
インターネットでも調べてみたのですがそれでも見つかりませんでした。
よければ教えていただきませんか?よろしくお願いします。



Re:肢位別の肩関節外旋について  投稿者:館長(red)  投稿日:2009年05月20日 23:45:18  No.2816002
I P:221.189.86.207
調べる問題ではなく「考える」問題ですね。
考えましょう。

筋には起始・停止と運動の軸との関係から
「習慣的機能の転倒」が起こることがあります。

筋の作用は単純です。
「起始と停止を近づけるように収縮する」だけですね。
あとは筋の走行と運動軸を考えて
この筋肉が収縮したらこの骨をこっちに引っ張るなぁって
確認していくだけです。





Re:肢位別の肩関節外旋について  投稿者:アツシ  投稿日:2009年05月24日 23:34:25  No.2816003
I P:118.13.136.186
ありがとうございました。
筋の走行と運動軸をイメージできるように勉強し考えてみます。



そうなのか  投稿者:るびい  投稿日:2010年12月01日 15:37:50  No.2816004 [HOME]
I P:59.85.78.34
なにせここまでやる気を出さなくても・・・



[3326] 人工膝関節にした後のこと  投稿者:GH  投稿日:2010年11月29日 20:50:39  No.3326001 [返信]
I P:125.1.49.141
こんばんわ。私の祖父について質問させていただきます。
私は介護職をしているものです。
私の祖父が2010年9月終わりに膝を人工関節にする手術をしました。お医者さんからも経過は良好といわれ1ヶ月で退院しました。退院後角度も痛みも変わりなく過ごしていましたが、11月中旬に熱感、腫れ、痛みが出現しました。病院にいくとエコーなどしましたが問題なく、手術後まもないからこうなりますと言われたそうです。
腫れ、熱感は現在おちついてきましたが、痛みがいっこうに引きません。膝を曲げる時に脛の骨が膝の裏の方にガクッとなって、その時に痛みが強くでます。
これは歩いている時にも時折出て祖父はもう歩きたくないと言っています。このガクッとなるのはなぜでしょうか。
靭帯を切っているためなるんでしょうか。しかし、11月中旬に腫れたりする前まではこういいたことはありませんでした。
理由が分かれば祖父も安心すると思いますので、よろしくお願いいたします。



Re:人工膝関節にした後のこと  投稿者:館長(red)  投稿日:2010年11月29日 22:30:14  No.3326002
I P:123.224.35.207
>膝を曲げる時に脛の骨が膝の裏の方にガクッ
>その時に痛みが強く

痛みが強いと歩きたくなくなりますよね。
手術後1.5か月ぐらいでの熱感、腫れ、痛みの原因は何でしょうね。
感染ですか?
手術の様子も痛みの原因も私には良く分かりません。
主治医からはどのように説明されているのでしょうか。
納得のいくように説明してもらってください。

P.S
乳頭レベルくらいの水深で水中歩行が出来ると
膝の手術後の方には良さそうですよ。



Re:人工膝関節にした後のこと  投稿者:GH  投稿日:2010年11月30日 21:03:28  No.3326003
I P:125.1.49.141
返信ありがとうございます。感染ではないと主治医の先生から言われました。手術の傷は膝の前を切っていてそれ以外は分かりません。
角度は130°あり問題ないそうです。
週1回理学療法を行っているのですが、PTの先生が膝の後ろから脛の骨を前に出しながら曲げるとガクッとなるのがなく、痛みも出ないそうです。いずれはガクッとならずに曲げ伸ばしが出来るのでしょうか?主治医の先生もPTの先生も、おそらく大丈夫ですと言われるのですが、おそらくといわれましても。
館長さんはこういうガクッとなられた患者さんを診られたことはあられますか?
後、乳頭レベルというのはプールでも大丈夫ですか?陸を歩く様に普通に歩くのですか?なにかポイントがありますか?



Re:人工膝関節にした後のこと  投稿者:館長(red)  投稿日:2010年11月30日 22:14:57  No.3326004
I P:123.224.35.207
>膝の後ろから脛の骨を前に出しながら曲げると
>ガクッとなるのがなく、痛みも出ない

膝を曲げる筋肉と伸ばす筋肉の収縮タイミングの問題なのかな
歩行時に起こるのですから
股関節と足関節との協調性も気になります。

PTの手で脛の骨を引っ張るタイミングを覚えて
歩くときに自分でそれを再現できればいいのですが
自分の体に対する気付きが難しいですよね。


水中歩行は、深すぎず浅すぎずのところで歩きましょう。
あまり深いと免荷されすぎて陸上で歩くための練習にならなくなってしまいます。
浅いと、陸で歩くのと同様に痛いかもしれません。



[3283] 促通方法について  投稿者:タツヤ  投稿日:2010年10月05日 20:26:49  No.3283001 [返信]
I P:114.167.115.90
たびたび書き込みをさせていただいております、PT2年目のタツヤと申します。担当している患者様ではないのですが、勉強していて疑問がありましたので、皆様のご意見をお聞かせ願えればと思い、書き込みをさせていただきました。
私は、小脳疾患の患者様で平衡機能障害がある方に関しては小脳の機能(運動学習)を考え、あえて不安定な環境下で運動を行い、脳学習を行ってもらうよう行っています。そこで質問なのですが、小脳の室頂核が障害された場合、これは前庭系との連絡を行っているところであると思いますが、前庭系に障害がある場合にはどのような運動を行っていけばよいのかということをお聞きしたいと思います。



Re:促通方法について  投稿者:館長(red)  投稿日:2010年11月29日 22:43:58  No.3283002
I P:123.224.35.207
特別な運動を行うよりは
自律神経系に不調をきたしているかどうかを気にしながら
運動を行うようにするとよいと思います。



No: PASS:
※Noは、日付の後ろについている「No.XXXX」の英数字になります。
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >>


Powered by 無料レンタル掲示板サービス:Nazca